墓石の形が古く、お花を立てる箇所に小さな穴が空いているだけで、水も花もたくさん入りません。 ステンレスの花筒を古い墓石にも取り付けることは可能でしょうか。

店主の山口博士

墓石のプロがお答えします

豊田市で70年の山口石材店。3代目店主の山口博士が、分かりやすくお伝えいたします。

はい。取り付けられます(´∀`*)

古い墓石に後からステンレスの花筒を取り付けたい、ということですね。
ステンレス花筒の後付けは、ほとんどの墓石で可能です。
一度、墓石を取り扱っているお店に詳しく見てもらえば、実際に取り付けられるか分かりますよ。


古い墓石でも、石に穴を開ける落とし込みタイプの花筒を取り付けることができます。もし、ヒビ等があり、穴が開けられない場合は花立ての上に取り付けるタイプの物も取り扱っております。


当店にご相談いただいた場合、花立の石にヒビが入っていなければ穴は開けられます。
墓石を実際に見せていただければ、ステンレスの花筒にお取替えできるかお答えさせて頂きます。

タイプは2種類あります。
1.直接石に穴(20cmぐらい)を掘り、ステンレスを落としこませるタイプの物
2.受け台を接着剤を用いて固定させるタイプ(本体はクルクル回して取り外し使用します)
どちらが良いかは一度ご相談ください。


この墓石には石に直接穴を開けて、ステンレスを落とし込ませるタイプのステンレス花筒を取り付けさせていただきました。また一緒にロウソク・線香立てセット(ステンレス製品)も取り付けさせて頂きました。
ちなみに、花筒のお取替え工賃(ステンレス花立て付き)…25,000円/組(税別)
ロウソク・線香立てのお取替え工賃(ステンレス製品付き)…12,000円(税別)
玉砂利(那智石2分)追加作業…2,500円/袋(税別)


シェアする