弊社初めての移動工事でしたので、総重量が分からなかったです(^_^;)  安易に柱と自然石が分離できるかなぁと思っていましたが、いくらクレーンで引っ張っても分離はできませんでした。ですので、全体を移動となりました。




社標の総重量に対して、クレーン車の大きさが少し低かったので、わずか20センチぐらい浮かせて何度も少しずつ移動をしました!



社標と比べたら小さく軽く感じますが、この間知石も4t近くある大きさです。


解体・移動工事から約2ヶ月後に用水路工事が終わったので、再度社標と案内標の据付工事を行いました。



シェアする