工事前の幟立て。金具が固定してあるが、石材の方が折れてしまっている。


現状の作りでは弱いと判明しましたので、新しい幟立ては少し太く、地中に埋まっている石材を長く、使用するコンクリートの量も増やす予定でいます。




古い折れた幟立てを撤去しました。コンクリートが殆ど巻かれておらず、よく今まで倒れずに幟が建っていたなと逆に驚きました。
1mの穴を掘り、そこに砂利を敷き転圧し、その上に鉄筋を組んで生コンを入れ基礎を作り上げました。


数日経過した基礎の上に、予め弊社工場にてステンレスのボルトと石材用のコーキングにて固定した2本の幟を垂直に据え付けました。


垂直に据付をした幟立て(石材)の廻りに生コンを流し込み固定しました。


最後にステンレスのベルトを両側から締めつけ、日本の幟が動かないように完全に固定しました。


秋の大空に幟が華麗に舞うことができました!


シェアする