お墓のサイズが全くピンと来ません。8寸と9寸はどれだけ値段や大きさが違うのでしょうか?墓地の大きさによって建てれないサイズがありますか? 7寸など小さいお墓はないのでしょうか?

店主の山口博士

墓石のプロがお答えします

豊田市で70年の山口石材店。3代目店主の山口博士が、分かりやすくお伝えいたします。

三河地域の一般のご家庭で建てられているサイズは8寸角又は9寸角が多いです。

今でも石材業界では長さを表現する際、「センチ」よりも昔ながらの「寸」で大きさを表すことが多いです。1寸は30.303mmです。「8寸、9寸の墓石」というのは墓石の一番上の「○○家之墓」又は「南無阿弥陀仏」等の文字が彫り込んである部材の横幅の大きさを表し8寸だと約24センチ、9寸だと約27センチのサイズの墓石ということになります。(下の図を参照)
約3センチ程の違いなんですが、一番上が大きくなれば下の部材も大きくなりますので8寸と9寸の墓石ではトータルの石の量が大きく変わってきます。当然お値段もサイズの大きな9寸の方が高くなります。
また、所有する墓地の面積によっては建てられない墓石もありますので、一度石材店に確認してもらった方がよいと思います。
7寸の墓石も作ろうと思えば作れますが一般的なご家庭が使われているサイズは8寸サイズの墓石からとなります。

弊社でも一番多いサイズは8寸、9寸角墓石です。大きさや使用する石材によって価格も違いますので見積もりを一度取られた方がよいと思います。

弊社では、昔より代々繋がってきているご家庭や御商売をされているご家庭には9寸の墓石をお薦めしております。特に本家となる家は古い先祖をしっかり祀る理由で大きめの墓石を勧めてます。
商売をされている方も、古い先祖を大切に祀ることが商売繁盛につながるという考えでお薦めしております。
一般のご家庭では8寸の墓石を建てることが多いです。
また墓石は10寸(尺角)や11寸(尺壱角)などの大きなお墓もあります。地方によっては10寸(尺角)の墓石ばかり建てている地域もあります。
建てる墓所によっては、10寸(尺角)等は建てられないこともありますので、大きめのサイズをご希望の方は一度弊社にご相談ください。
金額も建てる墓石の大きさや使用する石材の単価によって変わりますので、弊社に一度ご相談頂きたいと思います。
もちろん7寸角の墓石も作ることが可能です!

お墓の大きさは横幅で決まります


1寸は30.303mmです。


シェアする